オーサカ=モノレール


PROFILE
DISCOGRAPHYPROFILELINEUPHISTORY

 1992年の結成以来、一貫して「68~72年のFUNKサウンドを現代に蘇らせる」ことに執心し、20年に渡って第一線を走り続けてきたてきた。現在は8人編成で、ジェイムズ・ブラウン・スタイルを基本として、ソウル/ファンク、そして1960~70年代の魅力に最も真摯に取り組むグループを目指している。
 記念すべき結成20周年となる2012年には、ヨーロッパおよび北米を巡るワールドツアーを敢行。3~4月および6~7月で計33公演を行い、モントリオール国際ジャズフェスティバル(カナダ)への出演も果たした。11月、最も敬愛するFUNKマスター、フレッド・ウェスリーと共演したこともハイライトとなった。

 1980年代後半のレアグルーヴの影響を強く受け、ジェイムズ・ブラウン・スタイルのグループを考えていた中田を中心に、92年に大学のジャズサークル内で結成。在学中より大阪のバーやクラブで演奏経験を積んだ。98年よりクラブイベント『SHOUT!』を主宰。また2000年には映画『コフィー』『スーパーフライ』のインディー配給を行う。
 2000年4月、日本ヒップホップの草分け的スター、ブッダブランドのアルバム『病める無限のブッダの世界』の冒頭を飾るフィーチュアリングトラックが初めて発表された音源となった。その後、9枚のアルバム、多くのシングル、数えきれない参加作品でそのサウンドを披露してきた。
 2002年には関東へ移住。2005年ごろ、一連の7インチシングルがきっかけとなってロンドンを中心とした海外での評価が高まり、ヨーロッパでの流通も確立した。2006年6月には、「ソウルシスター・ナンバーワン」ことマーヴァ=ホイットニーの初来日ツアーを企画・実現させた。彼女の約36年振りとな るニューアルバム『I AM WHAT I AM』のプロデュース。共にヨーロッパを巡業するカムバックツアーも実現させた(2007~2009年)。
 2006年11月、初のヨーロッパツアー。シーンの殿堂的ジョイント「JAZZ CAFE」(ロンドン)を初め、フランスやドイツの計6公演を行う。その後は毎年ヨーロッパへ遠征している。2009年にはスペイン・バルセロナでの公演を収録した『LIVE IN SPAIN』を発表。初のドキュメンタリーDVD+CD2枚組。
 2011年8月には最新アルバム『State Of The World』を発表。「オーセンティックFUNKの発展」というテーマに真っ向から取り組んだ集大成的アルバムとなっている(ヨーロッパ盤は2012年3月発売)。

 国内での活動では、特に、黒田大介(kickin)、MURO(King Of Diggin’)、D.L aka Bobo James、DJ JIN(ライムスター)、オーサカ=モノレールなどがタッグを組んでレギュラーメンバーを務めるパーティ『IN BUSINESS』にも力を注いでいる。
 2013年は、1月のオーストラリアツアー、代官山UNIT&SALOONにてリニューアルする『IN BUSINESS』の再始動(3月)、いくつかのSOULアクトの招聘プロジェクト、そして新アルバムの制作を控えるなど、ますます精力的に活動している。
日田市 秋の野外フェスBSP2014