真性包茎の治し方ってどんなものがあるの?

真性包茎は生まれつきのもので、実は2種類あります。
包皮口が小さすぎて亀頭が出ないものと、癒着して包皮が亀頭から剥離していないものです。
真性包茎は先が包皮に覆われているため亀頭の成長が阻害されてしまい、成長がしなくなってしまい陰茎が小さいままになってしまうこともあります。
包皮口が小さすぎる場合は剥離していても先が出ません。
なので治し方は手術で切開をして余った包皮を切除してしまう必要があります。
無理に先を出そうとすると元に戻らず、亀頭に血が通わなくなって大変なことになってしまうので注意しましょう。
包皮が亀頭に癒着している場合にはステロイド剤を塗布することによって剥離を促し、それによって真性包茎を直すことが出来ます。
もしも癒着をしていない軽度の真性包茎の場合には包皮をゆっくり痛みがない程度に下げて亀頭が出るようにします。
半年程かけて行うことによって徐々に改善され、仮性包茎まで改善することが可能です。
真性包茎の場合は見た目が悪いだけではなくその包皮の中に雑菌が溜まりやすく、炎症を起こしたり陰茎癌になりやすくなります。
そのため放っておいても良いことはありません。
重度の場合には病院に行く必要があるのできちんと治しましょう。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ノウハウ
真性包茎の治し方と危険性

真性包茎とは、男性器の亀頭が正常時でも勃起時でも常に皮で覆われている状態の事を示す言葉です。自分の手 …

ノウハウ
真性包茎の治し方について

真性包茎というのは保険適用の対象となります。 性行為や射精などにおいて弊害が生じているため、出来るだ …

ノウハウ
真性包茎の治し方 自力かクリニックか

真性包茎の治し方は大きくわけて二つあります。自分で治すか、クリニックで施術するかです。 特にクリニッ …