真性包茎の治し方を知ろう

真性包茎に悩んでいる日本人男性というのは意外と多いです。
ただ、そこからどうして治せばよいのか、治し方について正しい知識にアクセスすることができなかったり、恥ずかしさを感じる部分のことであるので、人に訪ねたりすることができないなどで治療が遅れてしまうケースが多いのが特徴です。
できれば二次性徴のときに気づいて早めに治療をすれば、その後に真性包茎で悩むことはなく、快適に性生活を贈ることができるのですが、二次性徴の時期に誰にも相談することができず、そのままズルズルとおとなになってスムーズな性生活を贈ることができないでいる人がとても多いのです。
真性包茎の場合、亀頭が完全に包皮に覆われてしまっており、包皮口が極端に狭いことから亀頭を露出させることが困難です。
亀頭と包皮が癒着してしまうこともあるので、早期の手術が必要とされている症状です。
真性包茎の場合には、保険が適用されるため、通常よりも安く手術をうけることができます。
手術にかかる時間は30分程度で、一般的な手術方法は亀頭直下法ですが、最近では性感帯温存法という最先端の手術方法によって性感帯を傷つけること無く美しく包茎手術を行うことができるのです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ノウハウ
真性包茎の治し方と危険性

真性包茎とは、男性器の亀頭が正常時でも勃起時でも常に皮で覆われている状態の事を示す言葉です。自分の手 …

ノウハウ
真性包茎の治し方について

真性包茎というのは保険適用の対象となります。 性行為や射精などにおいて弊害が生じているため、出来るだ …

ノウハウ
真性包茎の治し方 自力かクリニックか

真性包茎の治し方は大きくわけて二つあります。自分で治すか、クリニックで施術するかです。 特にクリニッ …