真性包茎の治し方と危険性

真性包茎とは、男性器の亀頭が正常時でも勃起時でも常に皮で覆われている状態の事を示す言葉です。自分の手で皮を剥こうとしても、ほぼ剥けないのが特徴だったりします。
包皮に常に覆われた状態であるため亀頭の周囲にばい菌や雑菌が溜まり易く、衛生面でトラブルを起こす事が多いです。
更に臭いを放つ事も少なくないので、セックスの際には女性に嫌がられる事も少なくありません。
真性包茎は男性器だけでなく、セックスする相手の女性にも性病等を起こし易いというリスクがあります。
こういった形で女性にまでトラブルを生じさせるので、真性包茎の男性はきちんと治療を行って改善すべきです。
放置した状態のまま、女性とセックスするのは無責任と言える行為だったりします。
そんな真性包茎の治し方ですが、自力で皮を剥く様に努力するというやり方があります。
毎日少しずつ剥く様に努力し続ける事で、真性から仮性包茎にまで改善する事が期待可能です。
ですが確実と呼べる治し方ではない上に、改善するまで数か月から下手すると数年掛かるケースもあります。
だからこそ確実かつ手っ取り早い真性包茎の治し方としては、クリニックに行く事です。
クリニックに行って手術を受ければ、不要な皮を切除して貰えるので皮被り状態を卒業出来ます。

真性包茎の治し方について

真性包茎というのは保険適用の対象となります。
性行為や射精などにおいて弊害が生じているため、出来るだけ早く泌尿器科などに相談して手術をうけることをおすすめします。
このような症状の治し方は、手術という手段以外はありません。
どういう状態かというと、包皮が気筒を覆ってしまっており、射精をする場合には包皮を自分で剥いで射精しなければならないほどの阻害要因となっているのです。
こういった症状の場合は、包皮をメスで切り取り、陰茎の皮と縫合する必要があります。
そうしなければ性行為の際に射精をすることができなかったり、恥垢という汚れが溜まりやすくなり大変不衛生です。
真性包茎というような生活に支障が出るような包茎の場合には、早急に病院にかかって手術をすることが必要ですが、恥ずかしい部分であることから手術がどうしても遅れがちになってしまう傾向があります。
真性包茎の場合には保険適用の対象となるため、通常は高額な手術費用がかかる包茎手術であっても、安心して手術をうけることができます。
生活に支障をきたしてしまうことが多いといわれる真性包茎なので、早めの診察を受けて手術を決めたほうがその後快適に暮らすことができるのです。

真性包茎の治し方 自力かクリニックか

真性包茎の治し方は大きくわけて二つあります。自分で治すか、クリニックで施術するかです。
特にクリニックで施術や手術となると、どんな風に行われるのか心配ですよね。
その点も含めて見てきたいと思います。

「自分で治す」・・・包茎矯正器具を使う方法です。
下着に装着するものや接着剤タイプのもの、リングタイプその他いくつかの器具があります。
亀頭を露出させながら包皮に剥け癖をつけさせるものですが、装着している時にはずれやすいその他、使い勝手には個人差があるため、自分にあったものが見つかるまで色々使ってみる必要が生じます。

「クリニックで施術を受ける」・・・カウンセリングを行い一人ひとりに合った方法で治療法を探ることが出来ます。
予算などにも応じてくれる為遠慮なく相談してみると良いでしょう。
流れとしては次のようになります。
1.カウンセリング・・・手術では包皮口の狭い部分と、余っている皮膚の余分を所をカットし縫い合わせます。
どの部分をカットし縫合すれば日常支障なく性器を使用できるかを判断します。
この時に不明なところや不安な点があれば何でも質問してみたほうが良いです。
そうしておけばで安心しておまかせする事が出来ます。
2.施術・・・まずは痛みを感じにくくするための麻酔を行い、患者とカウンセリング時に決めた箇所でカットし縫合手術が行われます。
所要時間は長くて1時間程度です。
3.抜糸・・・吸収糸と呼ばれる糸を使用した場合抜糸は必要ありませんが、抜糸が必要な場合は施術から2週間後を目安に行います。

症状を抱えていると気になりますし、将来子供を持ちたい場合はなるべく早めに治療される事をおすすめします。

おススメホームページ
専門クリニックで真性包茎の手術をするならコチラに相談
メンズサポートクリニック
TEL:0120-76-6800
http://www.clairvoyancecorp.com/houkei_shinsei.html

真性包茎の治し方を知ろう

真性包茎に悩んでいる日本人男性というのは意外と多いです。
ただ、そこからどうして治せばよいのか、治し方について正しい知識にアクセスすることができなかったり、恥ずかしさを感じる部分のことであるので、人に訪ねたりすることができないなどで治療が遅れてしまうケースが多いのが特徴です。
できれば二次性徴のときに気づいて早めに治療をすれば、その後に真性包茎で悩むことはなく、快適に性生活を贈ることができるのですが、二次性徴の時期に誰にも相談することができず、そのままズルズルとおとなになってスムーズな性生活を贈ることができないでいる人がとても多いのです。
真性包茎の場合、亀頭が完全に包皮に覆われてしまっており、包皮口が極端に狭いことから亀頭を露出させることが困難です。
亀頭と包皮が癒着してしまうこともあるので、早期の手術が必要とされている症状です。
真性包茎の場合には、保険が適用されるため、通常よりも安く手術をうけることができます。
手術にかかる時間は30分程度で、一般的な手術方法は亀頭直下法ですが、最近では性感帯温存法という最先端の手術方法によって性感帯を傷つけること無く美しく包茎手術を行うことができるのです。

真性包茎の治し方ってどんなものがあるの?

真性包茎は生まれつきのもので、実は2種類あります。
包皮口が小さすぎて亀頭が出ないものと、癒着して包皮が亀頭から剥離していないものです。
真性包茎は先が包皮に覆われているため亀頭の成長が阻害されてしまい、成長がしなくなってしまい陰茎が小さいままになってしまうこともあります。
包皮口が小さすぎる場合は剥離していても先が出ません。
なので治し方は手術で切開をして余った包皮を切除してしまう必要があります。
無理に先を出そうとすると元に戻らず、亀頭に血が通わなくなって大変なことになってしまうので注意しましょう。
包皮が亀頭に癒着している場合にはステロイド剤を塗布することによって剥離を促し、それによって真性包茎を直すことが出来ます。
もしも癒着をしていない軽度の真性包茎の場合には包皮をゆっくり痛みがない程度に下げて亀頭が出るようにします。
半年程かけて行うことによって徐々に改善され、仮性包茎まで改善することが可能です。
真性包茎の場合は見た目が悪いだけではなくその包皮の中に雑菌が溜まりやすく、炎症を起こしたり陰茎癌になりやすくなります。
そのため放っておいても良いことはありません。
重度の場合には病院に行く必要があるのできちんと治しましょう。