真性包茎の治し方は大きくわけて二つあります。自分で治すか、クリニックで施術するかです。
特にクリニックで施術や手術となると、どんな風に行われるのか心配ですよね。
その点も含めて見てきたいと思います。

「自分で治す」・・・包茎矯正器具を使う方法です。
下着に装着するものや接着剤タイプのもの、リングタイプその他いくつかの器具があります。
亀頭を露出させながら包皮に剥け癖をつけさせるものですが、装着している時にはずれやすいその他、使い勝手には個人差があるため、自分にあったものが見つかるまで色々使ってみる必要が生じます。

「クリニックで施術を受ける」・・・カウンセリングを行い一人ひとりに合った方法で治療法を探ることが出来ます。
予算などにも応じてくれる為遠慮なく相談してみると良いでしょう。
流れとしては次のようになります。
1.カウンセリング・・・手術では包皮口の狭い部分と、余っている皮膚の余分を所をカットし縫い合わせます。
どの部分をカットし縫合すれば日常支障なく性器を使用できるかを判断します。
この時に不明なところや不安な点があれば何でも質問してみたほうが良いです。
そうしておけばで安心しておまかせする事が出来ます。
2.施術・・・まずは痛みを感じにくくするための麻酔を行い、患者とカウンセリング時に決めた箇所でカットし縫合手術が行われます。
所要時間は長くて1時間程度です。
3.抜糸・・・吸収糸と呼ばれる糸を使用した場合抜糸は必要ありませんが、抜糸が必要な場合は施術から2週間後を目安に行います。

症状を抱えていると気になりますし、将来子供を持ちたい場合はなるべく早めに治療される事をおすすめします。

おススメホームページ
専門クリニックで真性包茎の手術をするならコチラに相談
メンズサポートクリニック
TEL:0120-76-6800
http://www.clairvoyancecorp.com/houkei_shinsei.html